年2011月08日29 :: 15:06

muka chce ale sie boi
wracac.

コメント (2)


年2011月08日25 :: 07:48

nowy mukowy poczatek
albo do mukowych korzeni powrot

ahu



コメント (0)


年2007月05日05 :: 03:13


いつ絶望を終わりますか?
一人じゃないだけど幸せですか?
大好きなな友達を探します...

コメント (1)


年2007月04日11 :: 22:27

哀れなめ、
哀れな口、
哀れな手。
演ずたけて静かに微笑み。
夜中の欲しがる事
と別世界。

大嫌い。
コメント (0)


年2007月04日11 :: 13:42

ヒラリヒラリと舞い遊ぶように 姿見せたアゲハ蝶
夏の夜の真ん中 月の下
喜びとしてのイエロー 憂いを帯びたブルーに
世の果てに似ている漆黒の羽
旅人に尋ねてみた どこまで行くのかと
いつになれば終えるのかと
旅人は答えた 終わりなどはないさ
終わらせることはできるけど
そう… じゃあ お気をつけてと 見送ったのはずっと前で
ここに未だ還らない
彼が僕自身だと気付いたのは今更なってだった
あなたに逢えたそれだけでよかった 
世界に光が満ちた
夢で逢えるだけでよかったのに
愛されたいと願ってしまった 
世界が表情を変えた
世の果てでは空と海が交じる
詩人がたったひとひらの言の葉に込めた
意味をついに知ることはない
そうそれは友に 
できるならあなたに 
届けばいいと思う
もしこれが戯曲なら 
なんてひどいストーリーだろう
進むことも戻ることも
できずに ただ一人舞台に立っているだけなのだから
あなたが望むのならこの身など 
いつでも差し出していい
降り注ぐ火の粉の盾になろう
ただそこに一握り 残った僕の想いを
すくい上げて心の隅に置いて
あなたに逢えたそれだけでよかった 
世界に光が満ちた
夢で逢えるだけでよかったのに
愛されたいと願ってしまった 
世界が表情を変えた
世の果てでは空と海が交じる
荒野に咲いたアゲハ蝶 優雅にその景色の向こう
近づくことはできないオアシス
冷たい水をください できたら愛してください
僕の肩で羽を休めておくれ

コメント (0)



made by Muka


2011

VIII

2008

XI
X
XIX
VIII
VII
VI
V
IV
III
II
I

2007

XII
XI
X
IX
VIII
VII
VI
V
IV
III
II
I
2006

XII
XI
X
IX
VIII
VII
VI
V
IV
III
II
I

2005

XII
XI
X
IX
VIII
VII
VI
V
IV
III
II
I

2004

XII
XI
X
IX
VIII
VII
VI
V
IV
III
II
I

2003

XII
XI


University(0)
Japan(0)
Poland(0)
Love(0)
Diet(0)
Marriage(0)